三鷹市I様邸 棟板金補修塗装

2018年12月1日

 

本日は棟板金が台風で飛ばされてしまった

三鷹市のI様邸に来ています!

 

天災により棟が飛ばされた場合は火災保険が適用できます。

 

まずは現場確認と応急処置を行い

火災保険を使った補修工事をご提案させていただきました。

 

 

今日は最後の塗装工事の様子を紹介したいと思います!

 

 

 

 

 

まずは棟板金部分にペーパーで目荒らしをしていきます。

細かな傷をつけることにより、塗料の食いつきがよくなり

長持ちする塗膜になります。

 

スレート部分の土埃などの汚れを

ワイヤーブラシで落としていきます。

 

 

 

下地処理の後は、シーラーを塗布して塗装面との密着性を高めます。

 

 

 

 

ジョイント部と釘頭にコーキングを充填します。

この一手間を行うことで、水の浸入と釘の飛び出しを防ぐことができます!

 

 

 

下地処理が終わるといよいよ塗装作業です!

既存の色に合わせて、調色していきます。

 

塗り残しがないよう塗装していき、

工事完了です!

 

 

 

 

 

 

 

火災保険は使用したからと保険料が上がることもなく

使用限度もございません。

 

建物やカーポートが

強風や雪害などの天災によって

不具合が起きた時には

 

明誠にご相談ください!

 

 

 

 

関連するブログ

屋根 火災保険 谷口

ページの先頭