鎌倉市Eマンション タイル打診調査

2019年3月5日

本日は鎌倉市Eマンションにてタイルの打診調査を行いました!

 

 

 

 

 

 

●打診調査とは

 

タイルの表面を打診棒という専用の道具で叩いて

タイルや下地等に浮きがある場合に生じる

音で調査を行いないます。

 

 

 

 

 

 

 

音の違いがわかるでしょうか?

浮きが生じてる箇所はカラカラと空洞がある音になります。

 

 

 

 

 

平成20年4月に建築基準法に基づく定期報告制度が改正され

タイル外壁なとは10年ごとに全面調査が義務づけられています。

 

 

 

 

明誠ではロープアクセスによる無足場工法や

ドーロンによる赤外線カメラでの調査も行なっております。

 

いずれも足場を必要としない為、低予算で調査可能など

メリットが沢山あります!

 

 

 

 

お問い合わせ、お見積もりは無料ですので、

ご気軽にご相談ください!

関連するブログ

タイル ドローン ロープアクセス 外壁 谷口

ページの先頭